jQuery/Vanilla Javascript

【jQuery】アニメーション、アラートに長けるモーダルウィンドウ系プラグインiziModalの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
izimodal

アニメーション、アラートに長けるモーダルウィンドウ系プラグイン iziModal .jsの使い方、サンプルの解説になります。上記に加えYouTubeやVimeoなどの動画 ・ GoogleMap ・ Ajaxの読み込み、フルスクリーンなども可能です。

iziModal公式サイト
よりiziModal-master.zipをダウンロードします。
iziModal.cssiziModal.jsを読み込みます。

<link href="css/iziModal.css" rel="stylesheet" type="text/css">
<script src="js/jquery-3.5.1.min.js"></script>
<script src="js/iziModal.js"></script>

ボタンとインライン要素を以下のように記述しdata-izimodal-open属性で#modalで紐づけします。

<a href="#" data-izimodal-open="#modal" class="btn">Modal</a>
<div id="modal">基本のモーダル</div>

jsでは #modalを指定したら基本的な設定は終了です。

<script>
$(function(){

//基本のモーダル1
$('#modal').iziModal();

});//jQuery
</script>

サンプル

基本的にはボタンのほうにdata-izimodal-openを設定しますが、属性がない場合でも以下のように設定できます。

js

<script>
$(function(){

//open-modalをクリックした場合
$(document).on('click', '.open-modal', function(event) {
  event.preventDefault();
  $('#modal-wrap01').iziModal('open');
});
$('#modal-wrap01').iziModal({
	fullscreen: true,
	padding: 50
});

});//jQuery
</script>

HTML

<a class="btn open-modal">open-modalが付与されているボタン</a>
<div id="modal-wrap01">
  <p>open-modalをクリックしたときに起動</p>
</div><!-- modal-wrap -->

サンプル

iframeの設定ではiframeをtrueにし、URLを設定します。
このとき使用するURLは埋め込みタグに設定されているURLになります。

YouTubeなら共有→埋め込む→iframeのsrcに設定されているURLです。

GoogleMapでは共有→地図を埋め込む→ iframeのsrcに設定されているURLです。

サンプルではタグの属性にURLを設定しています。

js

<script>
$(function(){

//iframeモーダルYouTube
$("#iziModal_iframe").iziModal({
	iframe : true,
	fullscreen: true
});

});//jQuery
</script>

HTML

<button data-iziModal-open="#iziModal_iframe" class="btn">YouTube</button>
<div id="iziModal_iframe" data-izimodal-title="data-izimodal-title" data-izimodal-subtitle="data-izimodal-subtitle" data-izimodal-iframeURL="https://www.youtube.com/embed/j8eZ3573PD0">
</div>

サンプル




以下のajax_sample.html部分に読み込むファイルのパスを設定します。

<script>
$(function(){
//ajaxモーダル
$("#iziModal_ajax").iziModal({
    onOpening: function(modal){
        modal.startLoading();
        $.get('ajax_sample.html', function(data) {
            $("#iziModal_ajax .iziModal-content").html(data);
            modal.stopLoading();
        });
    }
});

});//jQuery
</script>

HTML

<button data-iziModal-open="#iziModal_ajax" class="btn">Ajax</button>
<div id="iziModal_ajax">

サンプル

iziModalで同じ形式のモーダルをそれぞれ複数呼び出す方法になります。
ボタン側にdata-iziModal-openを設定しiziModals1iziModals2…とし、
モーダル側のクラスに呼び出し用のクラスiziModalsとそれぞれのクラスiziModals1iziModals2… を設定します。

data-izimodal-groupを設定することでグループ化もできます。
グループ化するとモーダル1表示時にモーダル2、モーダル3と矢印で切り替えることができます。

HTML

<button data-iziModal-open=".iziModals1" class="btn">iziModal01</button>
<div class="iziModals iziModals1" data-izimodal-title="data-izimodal-title" data-izimodal-subtitle="subtitle" data-izimodal-group="group01">0101
</div>

<button data-iziModal-open=".iziModals2" class="btn">iziModal02</button>
<div class="iziModals iziModals2" data-izimodal-title="data-izimodal-title" data-izimodal-subtitle="subtitle" data-izimodal-group="group01">0202
</div>

<button data-iziModal-open=".iziModals3" class="btn">iziModal03</button>
<div class="iziModals iziModals3" data-izimodal-title="data-izimodal-title" data-izimodal-subtitle="subtitle" data-izimodal-group="group01">0202
</div>

JS

<script>
$(function(){

//1つの設定でiziModalを複数表示する
$(".iziModals").iziModal({
	fullscreen: true,
	padding: 50
});

});//jQuery
</script>

サンプル

iziModalのオプションを駆使すればモーダルをアラートのように表示することができます。

設定のポイントとしては以下になります。

  • アクセス時に表示する → autoOpen:true
  • timeoutを設定する → timeout: 10000
  • プログレスバーを表示する → timeoutProgressbar
  • 表示位置をページ下部にする → bottom:0
  • オーバーレイを無効化してドキュメントでリンクなどの操作ができるようにしておく。 → overlay: false
//アラート
$("#modal_alert").iziModal({
	headerColor: '#000',
	width: '100%',
	autoOpen:true, //ページロード時に表示
	timeout: 10000, //10秒で非表示
	pauseOnHover: true, //マウスオーバーでカウントダウン停止
	timeoutProgressbar: true, //プログレスバーの表示
	timeoutProgressbarColor: 'rgba(255,0,0,1.0)',//プログレスバーの色
	bottom:0,
	overlay: false//Color overlay.
});

サンプル

※ブラウザの下部に表示されます。




オプションででスタイルやアニメーション、モーダルの形式などが変更できます。

引数初期値概要
title ヘッダー部分のタイトル
subtitle ヘッダー部分のサブタイトル
headerColor ‘#6d7d8d’ ヘッダー部分の色
background ‘null’ モーダル部分の背景
theme 値が無いとヘッダーの文字色が薄く、”light”. にすると文字の色が濃くなる
attached  画面の上部または下部にモーダルを取り付ける
appendTo  ‘body’ ファイル内にモーダルの記述を育成する場所の指定
appendToOverlay ‘body’ ファイル内にモーダルのオーバーレイの記述を育成する場所の指定
icon null ヘッダーに表示されるアイコンの設定
iconText null ヘッダーに表示されるテキストアイコンの設定
iconColor アイコンの色
rtl false trueにするとテキストが右寄せになる
width 600 モーダルの幅。パーセント指定も可能
top null 上部の静的マージン
bottom  null 下部の静的マージン
borderBottom true モーダルの下部の線
padding 0 モーダルの内側の余白
cssのpadding
radius 3 モーダルの角丸
zindex 999 cssのz-index
iframe false YouTubeなどiframe形式時はtrue
iframeHeight 400 iframeの高さ
iframeURL null iframeのURL
focusInput true trueに設定すると、モーダルを開くたびに、最初の表示フィールドがアクティブになる
group 同じ「グループ」名でグループを作成し、それらの間を移動できるようにする
loop false 同じグループのモーダルでループする
arrowKeys  true 矢印による制御を有効にする
navigateCaption true ナビゲートする矢印を表示する
navigateArrows true 矢印の位置を変更して、モーダル間を移動する
‘closeToModal’または ‘closeScreenEdge’の値がある
history false ハッシュを使用して閲覧履歴を有効にする
restoreDefaultContent false モーダルをデフォルトにリセットして、再度開きます。
autoOpen 0 or false trueの場合、ページロード時などに自動的に開きます。または、開く遅延時間(ミリ秒単位)を設定できます。
bodyOverflow false trueにするとモーダルを開いたとき、ドキュメントのスクロールを無効にする
fullscreen false ヘッダーにフルスクリーンボタンが表示される
openFullscreen false モーダルを開いた時点でフルスクリーンになる
closeOnEscape true trueに設定すると、Escキーを押下時にモーダルを閉じる
closeButton  true ヘッダーに閉じるボタンを表示する
overlay true 背景オーバーレイを有効または無効にする
overlayClose true 背景オーバーレイをクリックしてもモーダルが閉じる
overlayColor ‘rgba(0,0,0,0.4)’ オーバーレイの色
timeout 0 or false モーダルを閉じるまでの時間をミリ秒単位で設定する
timeoutProgressbar false プログレスバーを有効する
timeoutProgressbarColor‘rgba(255,255,255,0.5)’プログレスバーの色
pauseOnHover false モーダルにオンマウスしたら、プログレスバーを一時停止します。
transitionIn ‘comingIn’ モーダルを開くときのアニメーションを以下に設定できる
comingIn, bounceInDown, bounceInUp, fadeInDown, fadeInUp, fadeInLeft, fadeInRight,
flipInX.
transitionOut ‘comingOut’ モーダルを閉じるときのアニメーションを以下に設定できる
comingOut, bounceOutDown, bounceOutUp, fadeOutDown, fadeOutUp, , fadeOutLeft, fadeOutRight, flipOutX.
transitionInOverlay ‘fadeIn’ オーバーレイが開くときのデフォルトのアニメーション
transitionOutOverlay ‘fadeOut’ オーバーレイが閉じるときのデフォルトのアニメーション
onFullscreen function() {} モーダルがフルスクリーンを有効または無効にしたときに実行されるコールバック関数
onResize function() {} サイズ変更が発生したときに実行されるコールバック関数
onOpening function() {} モーダルを開いたときに実行されるコールバック関数
onOpened function() {} モーダルが開いているときに実行されるコールバック関数
onClosing function() {} モーダルを閉じるときに実行されるコールバック関数
onClosed function() {} モーダルが閉じられたときに実行されるコールバック関数
afterRender function() {} モーダルの準備ができたときに実行されるコールバック関数
$("#modal").iziModal({
    title: '',
    subtitle: '',
    headerColor: '#aab454',
    background: null,
    theme: 'light',
    icon: null,
    iconText: null,
    iconColor: '',
    rtl: false,
    width: '100%',
    top: null,
    bottom: null,
    borderBottom: true,
    padding: 0,
    radius: 3,
    zindex: 999,
    iframe: false,
    iframeHeight: 400,
    iframeURL: null,
    focusInput: true,
    group: '',
    loop: false,
    arrowKeys: true,
    navigateCaption: true,
    navigateArrows: true,
    history: false,
    restoreDefaultContent: false,
    autoOpen: 0,
    bodyOverflow: false,
    fullscreen: false,
    openFullscreen: false,
    closeOnEscape: true,
    closeButton: true,
    appendTo: 'body',
    appendToOverlay: 'body',
    overlay: true,
    overlayClose: true,
    overlayColor: 'rgba(0, 0, 0, 0.4)',
    timeout: false,
    timeoutProgressbar: false,
    pauseOnHover: false,
    timeoutProgressbarColor: 'rgba(255,255,255,0.5)',
    transitionIn: 'comingIn',
    transitionOut: 'comingOut',
    transitionInOverlay: 'fadeIn',
    transitionOutOverlay: 'fadeOut',
    onFullscreen: function(){},
    onResize: function(){},
    onOpening: function(){},
    onOpened: function(){},
    onClosing: function(){},
    onClosed: function(){},
    afterRender: function(){}
});

サンプル

設定はjsでもタグ内の属性でも可能です。
それぞれ設定の仕方は以下の通りになります。

jsで使用したオプションの名前に「data-izimodal-」を付けます。

HTML

<a href="#" data-izimodal-open="#modal_full2" class="btn">Modal</a>
<div id="modal_full2" data-izimodal-title="属性で変更title" data-izimodal-subtitle="属性で変更subtitle" data-izimodal-headerColor="#aab454" data-izimodal-padding="50">style変更のモーダル2</div>

js

<script>
$(function(){

$('#modal_full2').iziModal();

});//jQuery
</script>

サンプル

同じモーダルウィンドウ系プラグインのremodaalなどに比べて設定は少し複雑でしたがデザインやオプションの幅広さに長けていると感じました。
Remodaalだとデザイン的に少しシンプルすぎという方におすすめです。
またモーダルウィンドウ系で同じjs設定で複数表示する方法が意外と簡単に実装可能なのにマイナーだと思いました。

uhaha

なんか最近モーダルモーダル言うててモーダル芸人みたいになっちゃったw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*