イラスト

【在庫・製作費のリスク無し】Tシャツの作り方・販売方法完全レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はweb関連ではなくTシャツを作ってみたという完全趣味のレポートになります。

在庫、製作費などのリスク無しでTシャツデザインの下絵から販売の仕方までを紹介します。

当サイトのメインビジュアル用にイラストを描き下ろしたのでどうせならTシャツにもしちゃおうと思い制作しました。

プリントTシャツ用のイラストを作成します。
Tシャツに限らすプリントする場合はカラーモードCMYKで作成することをお勧めします。

肩がなんか変
線完成
配色のレベルが低いw

同系色でまとめました。

正直顔はあまり好みではないのですがwとりあえずそれなりに完成したのでTシャツのデザインに移りたいと思います。

上記でできたイラストを使ってTシャツをデザインします。

Tシャツデザインで注意することはまずTシャツのボディ色を濃色にするのか、薄色にするのか、両方なのかなどの確認になります。

次に印刷サイトなどでプリント範囲を確認しておきます。

またイラストなどをカラーモードRGBで作成した場合はCMYKに変換し調整しておくと仕上がりイメージのブレを最小限に抑えることができます。

RGBからCMYKへ変換するとかなり色がくすみます。。
今回はうっかりRGBでイラストを描いてしまったので変換したときの色の落差がかなりショックでした。

いろいろ動かしてなんやかんやまとまってきました。

パターン1こっちに決定!
パターン2没

今回はピクシブファクトリーというサイトで制作します。

ピクシブファクトリー

ピクシブファクトリー – pixiv

こちらを選定した理由としてはタイトルのとおり制作費・在庫のリスクがないオンデマンド印刷(発注後都度生産)が可能な件と同じpixiv傘下のBOOTHという販売サイトで最小の設定でネットショップが簡単にオープンできるからです。

ここでは上記で作成したデザインをサイトにアップロードしてTシャツプリント用に入稿します。

今回はカラーTシャツでボディの色を3色のバリエーションで作成しようと思います。

Tシャツのボディの色を選択してデザインデータをアップロード&レイアウトします。
以下の青いラインが印刷範囲です。

プレビューします。

ボディの色で嫌というほど迷いましたw

プレビュー後OKでしたら保存をクリックして出来上がりです!!
簡単すぎる。。。!

S~XLまで各バリエーションで作成されています。
バリエーションの追加も可能です。

BOOTHでオンデマンド販売をクリックするとBOOTHでの設定に移ります。

続いてBOOTHでの販売設定になります。

BOOTH – 創作物の総合マーケット

BOOTH

ショップ管理画面で商品の登録やSHOPページのデザインなどを設定します。

価格などひととおり設定して完成~

以下が今回実際に作ったショップになります。

SHOPはこちら

売れるかどうかは別として販売までの流れはとても気軽につくることができました。
オンデマンド販売ならではの在庫や製作費の心配もないというのがなによりよいですね。( ただ在庫販売よりもお届けに時間がかかります。 )
BOOTHに関してはGoogleアナリティクスも管理できるところが好印象でした。

uhaha

本来Tシャツのデザインを入稿するときは印刷会社さんに渡すための入稿データや完成イメージ画像を作成したりとたくさんの工程があるのです。印刷の知識も必要でした。(うんぬんかんぬん。。)
それなのに!こんなに簡単にできちゃうなんて今までの苦労はいったい何だったのーーーーー!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*